【Twitter】複数アカウントを持つことのメリットをTwitter歴6年の僕が語ります。

スポンサーリンク
平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。収益の柱とTwitterアカウントは複数持つことをおすすめしている平泉です。

 

今回は、Twitter歴6年の20歳・平泉が『Twitterアカウントを複数持つことのメリット』を書いていきます。

 

よろしくお願いします!

 

Twitterは『最強の情報収集ツール』

まず、Twitterは『最強の情報収集ツール』です。

 

災害やテロ、訃報などが拡散される速度も速いですし、もっと細かいジャンルに分けても専門性・速報性に長けたアカウントが多く存在します。

その大きい強みが逆にデマを高速拡散したりしてしまうこともあるわけですが、その点を理解した上でも使うメリットの大きいツールです。

 

それでは次以降の項目で、

・『何故』複数アカウントなのか
・『どのように』複数アカウントを運用するのか
・『実際に運用してみた』効果

の3点を明確にしていきます。

 

何故複数アカウント運用を勧めるのか

これは正直1アカウントでもいいんですよね。極論を言うと。

ですが、リストを活用するよりアカウントを分けたほうが効率的に情報を吸収できるしメリットも大きかったので、複数アカウントをおすすめします。

 

1 : TLに密度の濃い情報が集まる

僕はメインアカウントの @Hiraizumi_Yuri の他に3つ、個人的なアカウントを動かしています。

 

メインアカウントは『IT』『スタートアップ』『ビジネス』『ブログ』『経営者』等のお仕事系のフォローが多いです。

このアカウントを見ていると、第一線で活躍しているビジネス系の方の質の高いアウトプットを浴びることができますし、先程並べたジャンルの中のニュースや情報はすぐに入ってきます。

 

他のアカウントでは『F1・野球を始めとしたスポーツ』『音楽・アニメ』など、それぞれにジャンルを持たせて運用しています。

その全てのアカウントで、分野ごとの専門性・速報性の高い情報が入ってくるので、よく巡回しています。

 

2 : ジャンルを分けたほうが深いつながりができる

今はもう無いのですが、1番最初に僕が作ったアカウントは全ジャンルぶち込み型でした。

TLには『学校の友人』『野球・F1』『音楽』『アニメ』『車』『ゲーム』など、様々な情報が溢れていました。

 

僕はほとんど読まなくなってしまいましたし、フォロワーさんとの繋がりも浅いものになっていたように感じます。

おそらくフォロワーさんが絡んできやすいネタをツイートする確率が低いからだと思います。

 

『雑記ブログ』『特化ブログ』の論争とも似ている気がします。

 

アカウントを分けるようにしてからは、その全てのアカウントでよく話す友人がいて、情報交換をしたりふざけたりして絡んでいます。

そういう仲になってくると、そのフォロワーさんが『ツイートはしていないけど知っている情報』や『僕が喜びそうな情報(贔屓の選手の情報・ライブの情報など)』を教えてくれたりします。

 

これは僕も先に気付いた情報に関してはgiveするので、Win-Winな関係になったりします。

 

どのように複数アカウントを運用するのか

まず、そのジャンルのニュースアカウント、専門家、アルファをフォローします。

 

例えば巨人ファンが巨人特化のアカウントを作りたいとするなら、

・巨人の公式アカウント / 選手の公式アカウント
・スポーツ報知巨人取材班や読売ジャイアンツ情報部などの情報アカウント
・雄大氏、チカネス氏のような速報性の高い個人アカウント
・しっかり動いていて、ある程度落ち着きのある個人アカウント

あたりをフォローします。

野球全般が好きなのであれば、各球団の同じような存在をフォローします。

 

これだけで特化アカウントはほぼ完成しますし、『誰が怪我した』『どこが勝った』『誰が引退』などの大きいニュースはもちろん『坂本の動きが可愛い』『澤村が子供とじゃんけん大会してた』みたいなマニアックな情報まで入ってきます。

 

これを『アニメ』『音楽』『F1』など、自分が興味のある様々な分野で応用することで、効率的な情報収集を実現できます。

 

実際に運用してみた効果・結果

1 : ニュースにも取り上げられないような深いネタがポンポン入ってくる

湯浅 ファインプレー

これは読売ジャイアンツ3軍の湯浅選手のファインプレーの動画です。(画像のため再生はできません)

 

読売ジャイアンツ3軍の試合はどこで見るのかもわからないような試合ですし、野球ファンでも『湯浅』という選手まで知っている人はそう多くないと思います。

 

ですが、そんな3軍の試合までしっかり見ている人が世の中にはいて、さらにその人がシェアした映像や情報をぽんぽんRTしてくれる人も世の中にはいます。

その人達をマークしておくことで、より速く、より深く情報を仕入れることが可能になります。

 

結果としてそれが野球の楽しみを増やすことになり、自分を幸せにします。

 

2 : 複数アカウントで、届けたい層に届く

この記事、多分野球に特化したアカウントで投稿しても無反応になると思うんですね。

ですが、ビジネスよりのメインアカウントに紐づけて投稿しておくと、反応を得られたりします。

 

今回この記事をリライトするきっかけになったこのツイートもそうです。

ソーシャルメディアマーケティングを得意とするjigenさんが読んでくださり、更にアドバイスも頂いてしまったわけですが、これは記事のカテゴリーとjigenさんの分野が被っていたからこそのことだと思います。

 

どれだけいいことや気持ちを込めたことを書いたりツイートしても、層がズレていては伝わりにくくなってしまいます。

ビジネスやIT、ブログ関連のツイートが多いメインアカウントでF1や野球のことをツイートしても反応はほぼありません。

 

そういう意味でも、自分が発信することに細かくマッチしたアカウントで発信することが大切になってきます。

 

それでは!

この記事を書いた人
平泉悠李

高卒半引きこもり20歳 | Alphale代表 | Ruby / Python 勉強中 | コミュ障 | 将来の夢は収入のあるニートです

平泉悠李をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNS
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント