人生で初めて『添削』してみたのですが、多くの人が作っちゃいそうな違和感のあるポイントがあったのでご紹介します。

スポンサーリンク
平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。キレイな文を書く気がない平泉です。

 

僕もついに他人の文を添削するような人間になりました((殴

嘘です。身内の文を添削しただけなのですが、その中で「あれ、これ多くの人がやっちゃいそうだけどめちゃ気になるな」ってポイントがいくつかあったのでご紹介します。

 

よろしくお願いします!

 

人生初添削は突然でしたw

ある日突然身内の人に「悠李ライターとかしてたよね?この文おかしなところないか見てくれない?」と言われたので見てみたのが始まりです。

 

ここまでの僕の文を読んでくださった方は察し始めているかと思いますが、僕の文は割とめちゃくちゃなので、添削できる立場ではないのですが、「頼まれたからにはやるしかねえ!やってやるぜ!」ってことでやってみました。はい。

 

ふへへ…赤バンバン入れちゃいましたw

 

添削してて気になるポイントを紹介!

「。」の有無

これはミスというか、抜けてしまっているだけだと思うので揚げ足取りみたいになってしまいますが、意識してチェックしているときに抜けていると気になります。

 

個人的には『()などのかっこで閉じている時』『wなどが付いている時』『箇条書きで、前後の項目にもつけていない時』などは「。」をつけなくてもいいのかなと思っています。

 

「。」をつけなくてもいい例
・(下記リンク参照)
・下記リンクどこにもないですけどねw
・全部の項目に「。」ついてません
こんな感じかなと勝手に考えています。

「です・ます」文の中に現れる突然のタメ口

これは手順の項目に多かったのですが、「1. まず鍋に水を入れます」というように『です・ます』で始まったのに、「2. 水を入れた鍋に塩を入れる」みたいになると、なんかおかしいなと感じます。

 

タメであることがだめだとは思いませんし、『です・ます』もだめだとは思いませんが、不自然に混ざっていると違和感を感じます。

 

例えば

休日は混んでいましたが、平日だともう少し空いているのではないでしょうか。知らんけど!!((殴

のようなオチ的なタメ口や

まじわからない。女の子の気持ちまじわからない。これは本当に困った。

のような100%タメ口や

手順は次のとおりです。
1. iPhoneを握りしめる。
2. 壁に投げつけて壊す。
これでネット依存から抜け出せますね!

のように部分的に規則的にタメ口を使うのは自然だと感じます。

そもそもこれがタメ口というのかどうかもわかりませんが、とにかく『です・ます』との使い分けは意識しましょう。

 

ずっと「花」と書いていたのに、突然「お花」と書く

花に限ったことではありません。水も昼も胸も一緒です((殴

 

文中でずっと「花はキレイだ」「花は癒やしだ」「花は我が人生だ」というように「花」と表記していたにも関わらず、突然一箇所だけ「部屋にもっとお花を置きたい!」と書かれると、なんで今「お花」だったんだろうと気になります。

 

「花」なら「花」で統一するのが自然だと思います。

 

最後に

実際の読者は流し読むパターンが多いと思うので、そんなに気にならないことかもしれませんが、添削という形で読むとめちゃくちゃ気になりますねw

 

僕の文も多分「思います」の多用など、突っ込まれる点は多いんだろうなと思いますw

難しいですよね、文って。

あまり直しすぎると個性を消してしまうと思うんですね。

僕はある程度自由に書けるからこそキャラが出ますし、楽しいです。

 

なので無理に直す必要はないと思いますが、まあ、参考程度に頭の中に入れておくといいかもしれませんw

 

それでは!

この記事を書いた人
平泉悠李

高卒半引きこもり20歳 | Alphale代表 | Ruby / Python 勉強中 | コミュ障 | 将来の夢は収入のあるニートです

平泉悠李をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
やってみた
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント