小さい時に歩いた場所を19歳になった今歩いてみたら色々とスッキリした話

シェアする

帯広を歩く

こんばんは!平泉です!

先週の金曜日、帯広に行ってきました。「またか!」って言われそうですねw

今年何回か行っていたのは用事があってなので、自分1人でお散歩出来るのは今回が初めてでした。

帯広に住んでいたのは3歳〜9歳までだったので、住んでいた時ですら1人でフラフラすることはありませんでした。

人生19年目にして新しい帯広…!

スポンサーリンク

中心部を歩く

まずは帯広駅からスタートです。駅のすぐ近くにある長崎屋に入りました。

長崎屋は現在ドン・キホーテグループです。殆どがドン・キホーテになってしまったのですが、帯広中心部の長崎屋は残っていました。

頭の中に「サン サン サンバード 長崎屋のサンバード」と曲が流れ始めますw

中はなんとも言えない暗さと、一部ドン・キホーテのようになってしまっていることによる寂しさで、よくわからない不安な気持ちになりました。

小学校に入学する時にここで鉛筆とかを買ったのを思い出し、時の流れの速さにがっくり…w

そのままの流れでイオンに行きます。

ポスフールだった時、サティだった時から知っている場所です。

しかしイオンはむしろイオンになったことで元気になっているような印象で、すぐに飽きてしまいました。

帯広のオシャレスポット(?)藤丸にも行きましたが、流石に場違い感がすごく、20秒で出てしまいました。お金持ちそうなおばさまがたくさんいました…

なんか全体的に人が減っている

人が居ないんですよ…平日だということを考えても居ないんですよ…

僕の小さい頃の記憶がおかしいのだと思いたいくらい居ないんですよ…

ドーナツ化というか、中心部まで来ないんですかね。端っこのスーパーとかには人が居ましたし…。

通学路を歩く

これがタイトルの「スッキリした」につながるんですが、まずはこちらをご覧くださいw

小さいwwwww

AT車であれば下がってこないレベルの坂ですね。

ですが僕の記憶ではここは急な坂で、行きも帰りも辛かった記憶が…w

僕は小学1年生初めての水泳の授業で溺れていて、水泳が大嫌いでした。水泳のある日は泣きそうになりながら歩きました。

僕は学童が嫌で嫌で仕方なかったです。学童に行っている時は泣きそうになりながら歩きました。

僕は学校が嫌で嫌で仕方なかったです。そもそも学校に行くだけでそわそわしていました。

19歳になってから考えるとどれもちっぽけなんですよねw

水泳なんてサボればいいし、学童だってやめればいい(実際にやめましたが)。学校は小中高通いましたが、今となってはどれもしょうもないことです。

そう考えると今少し大変なことも23、26、29と年を重ねていけばきっと「しょうもなw」って振り替えれるんだろうなとw

(年をとることのほうが辛いかもしれないですが…)

1人飲食店デビュー(多分)

僕は1人で飲食店に行ったりするのが苦手、というか今まで出来ませんでした。

記憶が正しければ最高でマクドナルドのお持ち帰り。1人で店内で食べるなんて言うのは無理でした…

しかし今回、平泉悠李19歳、ついに!

1人でご飯を食べました!!!!!!!

帯広でまた一つ人間としてのレベルが上がったぜ。

これで友達や家族やお仕事関係以外で外食出来るぜ!w

食べたのはインデアンカレー!

(別記事で紹介しています!→『僕の半分を作ったと言っても過言ではない帯広市について書いた。(カレーライス編)』)

大人の階段登ってしまった…

行ってよかった

やることが多いこの時期にあえて100%休日を作って帯広に行ったわけですが、めちゃくちゃ行って良かったですw

美味しいものたくさん食べれましたし、心もスッキリしましたし!

帯広はこれからも毎年行きたいですし、悩んだ時にまた通学路歩きたいですw

140字を飛び越えない程度の思ったこと・感じたこと・考えたこと・好きなことをTweetしています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする