平泉悠李、ついに #polca デビューしてみた!

シェアする

こんばんは! 今日も元気に!平泉です!

最近、家入一真さんが代表取締役社長を務める『株式会社CAMPFIRE』が『polca』というサービスをリリースしました!

スポンサーリンク

polcaとは

「◯◯ちゃんの誕生日をお祝いしたい!」とか「弟に入学祝いをあげたい!」というような、身近な人を巻き込むフレンドファンディングアプリです。

CAMPFIREとの大きな違いは、規模と「リンクを知っている人しか支援できない」というところです。

TwitterなどのSNSでシェアをし、300円や500円などから支援してもらっている方もかなりいます!

Twitterで『#polca』を追っているとそれだけでワクワクできます!w

ぼくもやってみた!

僕も初日から「やりたいなぁ…」と思いながら見ていました。

そして8月16日

平泉「自動車免許取るんだった!!」

と大事なことを思い出したので早速立てました。

自動車免許を取得して、彼女(画面の中)とドライブデートがしたいです!

しかし思いついてから「この企画はpolcaである必要があるのか」について考えました。結構いろいろ考えました。

正直微妙でした…w

しかし免許はずっと取る予定でいました。

祖母からも「私は免許を取ればよかったと思っている。親に何かあった時、弟に何かあった時、悠李が運転できないと大変だよ。」と、自身の体験から出たアドバイスを頂いたばかりでした。

でも高い…。

今の僕にはかなり痛い額です。

しかし時間的に9月くらいには行こうと思っています。。

そういうこともあり、思い切ってすぐに企画を立ててみました!

あげてみて

今回はそもそも自動車免許にかかる30万円全額は無理だったので、上限いっぱいの10万円に設定しました。

目標額が大きいので1回の寄付額も大きくしたいところではありましたが、1回の寄付額は500円に設定し、目標額達成よりも『ハードルを低くすること』、『polcaの強みをいかすこと』を意識しました。

それと今、僕の企画の場合はそもそも「支援したい企画ではない」なと思っています。

「なくしてしまったカメラを諦めきれないのでもう一度欲しい」「劣悪な作業環境から抜け出すためにiPadが欲しい(現在はスマホでハイクオリティなブログを提供しているがさすがに辛すぎる)」といったような、応援したくなる企画に出来なかったことを今「あー…」と思っていますw

これは伝え方の問題でした。完全に。

色々書きましたが、まだあげてすぐなのでこれから変わるかも分かりませんw

何か進展があればブログで書きたいと思います!

140字を飛び越えない程度の思ったこと・感じたこと・考えたこと・好きなことをTweetしています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする