Webサービスやアプリの『なめらかさ』を考える。

シェアする

こんばんは!平泉です。

突然ですが、Webサービスやアプリを利用する時『なめらかさ』を意識しますか?

どうせ使うなら、スルスルと無駄に止まること無く使えるサービスを利用したいですよね。

今回はその『なめらかさ』について書いていきます。

(ここで言う『なめらか』は「ストレス無くスルッと利用できる」ことです)

スポンサーリンク

動画配信サイトの『なめらかさ』

昨日(8月23日)の夜のことでした。

僕がTwitterでフォローしている深津貴之さん(@fladdict)がこんなツイートをしていました。

これを読んだ時に、「それだ!」と思いましたww

YouTubeと比較したら分かりやすいのですが、ニコニコ動画は「動画を見る」という目的を達成するために越える必要のあるハードルが多すぎるのです。

『ログイン』『ごちゃごちゃした見た目』『低画質』『重い』

4つも揃えばそりゃ衰退もします。無意識に、いや、ガッツリめんどくさいと感じます。

それに比べ、YouTubeは『なめらか』と言えます。

見たい」と思った時に、ほぼストレスフリーで見たい動画を見ることが出来ます。

コンテンツの質・量・幅、飽き、独特の空気感…など、ニコニコ動画が衰退する理由は他にもあるとおもいますが、『圧倒的になめらかじゃない』というのも大きな原因の1つだろうなと思います。

YouTubeとニコニコ動画…

Amazonと楽天…

ニヤニヤしちゃいますねw

赤ちゃん

お前の悪いところ出てるぞ

Webサイトの『なめらかさ』

表示速度であったり…動きであったり…

表示速度はめちゃくちゃ大事で、ちょっと遅いだけで「まじかよ…」ってなるくらいみんな見るのやめちゃうんですね。僕もですが…

あと、僕はデザインに弱いのでやらないのですが、『こだわり!』『クールな動き!』『最高にイカしたファーストビュー!』とユーザー目線に立たないサイト作りを進めていくと、『なめらかじゃない』サイトになっていくことが多いです。

ハンバーガーメニュー(スマホ時にサイト右上にある三本線)とかですら分からない人は分かりません。難しいですよね。これに関しては…。

こだわりすぎた結果、誰もちゃんと見てくれなかったり、目的のページに辿り着いてくれなければ、そのこだわりすらも不発に終わってしまいますし…。

「自己満足でもいいんだ!」ってサイトや、「自分の能力を存分に発揮する個人のプロフィールサイト!」とかならいいと思います!知らんけd((殴

生活に溶け込むアプリたちはすげえ ←結論

そう考えていくとTwitterとかLINEってすごいですよね。

『なめらか』とかそういう次元じゃないですもん。呼吸、まばたき、Twitterですもん。

平泉

Twitterは着けてる感ゼロだもんねー!

赤ちゃん

今日もうるさいぞ平泉

赤ちゃんに怒られたのでこの辺で終わりにしたいと思います…

とにかく、全てが楽な方向、簡単な方向、ストレスフリーな方向に向かっている中で、ずっと変化しない使いにくいサービスは淘汰されていくと思います。

ニコニコ動画も若年層のユーザーが特に離れているそうなので、まさにその一歩目、いや、二歩目三歩目と進んでいるなあと思います。

使い慣れた、囲い込んだユーザーはいても、「新しいサービスと比較できるフラットな層はニコニコ動画を選ばない」ということだと思うので。

さ、ガラナ飲もw

140字を飛び越えない程度の思ったこと・感じたこと・考えたこと・好きなことをTweetしています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする