Twitterもしています!是非フォローしてください!

「明日ってお時間ありますか?(暇ですか)」みたいなやつもうやめませんかって話

スポンサーリンク

ブライアンさんのツイートの内容が、僕が常に思っていることに近かったので記事を書き始めたのですが、今回言いたいことはシンプルです。

 

人と会いたい時とか何かを頼みたい時は先に目的を言う方がいいと思うということです。

 

こういう内容のことはTwitterでもたまに言っていますし、過去記事でも似たようなことを言っているんですが、まだまだ言っておこうと思いますw

 

目的を明確にしてくれないと、その時点で断ってしまう

「今日暇ですか」「明日暇ですか」「何してますか 忙しいですか 手伝ってもらっていいですか」みたいな入り、とにかく多いです。どう考えても僕は「はい!暇ですよ!」って回答にはなりません。というかみんなならないのでは?と思うのですが…

 

「先に要件を言ったら断られるのでは」と無意識に思っているからそういう聞き方になるのかなと勝手に考えているのですが、僕からいうと何故暇かどうかを探られているのか分からない方が断りたくなります。というか断ります。

 

「言えない要件なのかな(先に言うと高確率で断られる要件)」とか「こっちに断りにくくさせるためにこの順番で聞いてきているのかな」とか考えますもん。

 

先に暇かどうか、時間があるのかどうかを聞いてくださるのはもちろん嬉しいのですが、「◯◯してほしい(したい)のですがお時間ありますか」が100点だと思うんですね。

YesかNoで答えられる質問を投げてほしいし、自分も投げていきたいと思うのです。

 

結論

僕基準だと「明日暇?」系の質問が許されるのは家族、恋人、友人(一部)までです。

 

まあ、「暇だよって言った後でも興味ない内容なら断ればいいじゃん」とか「先に何かあるの?とか聞けばいいじゃん」とか思う人はいると思うのですが、出来ることなら1ターンでやり取りを終わらせたいですし、こっちが一回様子を探るアクションとか起こすのも面倒じゃないですか。

 

一番なめらかに回るのは、第一声で『何のため』と『いつ』を明確にすることだと思うんです。何ターンも会話して結局「ごめん、いけないわ」と言われるのは聞いた人にとっても美味しくはないじゃないですか。だから最初の段階で工夫しましょ?ってお話でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
考えてみた
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント