【ブログ】毎日更新か不定期更新か、実際に両方やってみて辿り着いた結論を教えます!

スポンサーリンク
平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。7月に毎日更新をやりきった平泉です。

 

今回はブログ運営について書きます。

ブログを運営する上で『毎日更新』がいいのか『不定期更新』がいいのかを、実際に両方やってみた僕が考えてまとめます。

 

よろしくお願いします!

 

結論は、『強制はしないけど、毎日更新するつもりで書く。1日2日抜けても凹まず次へ!』

なんてふにゃふにゃな結論だ!とお怒りの方、落ち着いてくださいww((殴

 

僕はもともと毎日更新なんてしなくていいと思っていました。

実際7月に毎日更新するまでは、

2017年8月 – 22記事
2017年9月 – 11記事
2017年10月 – 6記事
2017年11月 – 1記事
2017年12月 – 7記事
2018年1月 – 3記事
2018年2月 – 4記事
2018年3月 – 3記事
2018年4月 – 8記事
2018年5月 – 5記事
2018年6月 – 9記事

と絶望的な更新頻度で運営していました。

 

「これが自分のペースだ。無理して苦し紛れに薄い記事を増やしても意味がない。」と考えていました。ですが、7月に毎日更新をし、8月は不定期更新に戻してみたところ、毎日更新の重要さがものすごくわかりました。

 

なので僕は『強制はしないけど、毎日更新するつもりで書く。1日2日抜けても凹まず次へ!』スタイルを推します。

 

毎日更新が生み出す流れに乗れると最高

まず毎日更新の1つ目のメリットなのですが、『流れ』ができることです。

 

うまく言葉に出来ないのですが、記事を書くことが楽しくなり、リズミカルにぽんぽん書けるようになります。連続して書いているため、どんなネタでもある程度まとめられますし、覚醒した感がありますw

 

筋トレもたまにすると苦しいですが、続けていると「筋肉は裏切らない」とか言い出してずっと筋トレする人になるじゃないですか。あれと同じかなと思いますw

 

逆にその覚醒の7月を終え、8月は間を開けて更新すると、記事を書くことに苦戦することが増え、1記事書いたらしばらく書けないというようになってしまいました。良くないです。

 

なので、無理する必要はないですが、流れやリズムを壊さないように毎日更新をするのがいいと思います。

 

毎日更新をすると、ネタを見つけるセンサーが仕事しまくる

毎日更新するためには、1年間に365個のネタが必要です。

そのためか、生活のありとあらゆる場面で「これネタになるな」「これ書こう」という発見が増えます。

 

逆に不定期更新をしていると、ネタはたまたま転がり込んできたものでいいので、そこまでネタを意識して生きなくなります。それが結果として「ネタ無い書けないやる気ない」に繋がります。負のループ。サボループ((殴

 

そういう意味でも毎日更新をしようという気持ちは大切です。

 

毎日更新をすると、PV数が上がる

これはちょっと説明不足ですが、PVが上がります。

 

記事の数が増えるということは単純にPV数が増えます。まずこれが1つ。

 

そして、たくさん記事を書くということは、多くの人に読まれる強い記事が生まれる可能性も増えます。「打席にたくさん立つと〜」的なあれですね!

 

実際7月に更新した記事の中の6記事くらいがじわじわ伸びてきています。月に数記事しか上げてないと1記事伸びてくればいいくらいですが、30記事も上げるとブログ自体のPVや成長速度が上がります。

 

というわけで、無理せず『可能な限り毎日更新』をしよう

毎日更新をすることによるメリットはもっと多くあります。

ただ、勘違いしてほしくないのは『向き不向き』があるということです。毎日更新をすることで消耗してしまうならしないほうがいいです。そこは自分ファーストで考えてください。

 

僕は程よく追い込んだほうが気持ちよく乗れたというだけですので…

 

というわけで、無理せず『可能な限り毎日更新』をしてみましょう!合わなければやめる!無理しない!合えば続ける!もっと追い込まれたければ絶対毎日更新する!それだけです!

 

それでは!

この記事を書いた人
平泉悠李

高卒半引きこもり20歳 | Alphale代表 | Ruby / Python 勉強中 | コミュ障 | 将来の夢は収入のあるニートです

平泉悠李をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ運営
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント