Macを買ったらまずやることをまとめてみた。【設定・ダウンロード・環境構築】

スポンサーリンク
平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。なんだかんだMac歴5年目の平泉です。

 

今まで2013年のMacBook Airですべての作業をしていたのですが、『作業量の増加に伴うMBAの負担増』『持ち歩くパソコン1台ですべてをしていることのリスク』『作業効率の悪さ』が目立ってきたため、この度iMacを導入しました。

 

それに伴いiMacの初期設定をしたのですが、そのときにしたことを自分のためにまとめようと思いますw
そしてこれがたまたま誰かの役にたてば最&高です。

 

よろしくお願いします!

 

まずはまっさらな状態で起動する

僕の場合は他のPCと同期したりしません。

完全にまっさらな状態で始めます。ノートの1ページ目的なw

 

こうすることで、MacBook Air時代にいつの間にか溜まったゴミの山とさよならできます。

ここから始まります。僕とiMacの物語が!(?)

 

Google Chromeをダウンロード

今後何をダウンロードするにしても調べるにしてもブラウザを使用するわけですが、僕は完全にChrome派です。

なので、まずChromeをダウンロードします。(この作業はSafariでやります。)

 

Safariで『Google Chrome』と検索し、一番上に出てくるサイトを開きます。

 

Chrome ウェブブラウザ
Google Chrome は、最新のウェブ環境に対応した高速で安全な無料のウェブブラウザです。パソコンでぜひご利用ください。

これですね。

 

Google Chrome ダウンロード

真ん中の青いボタンを押してダウンロード開始です。

あとは手順通り。どうにかできますよね。ファイトです。((殴

 

Google日本語入力をダウンロード

新品のMacでここまで操作をしてきた方は既にストレスを感じているかもしれませんが、Apple純正の日本語入力、くっそ使いにくくないですか!?

 

くっそ使いにくいわけですよ。特にGoogle日本語入力に慣れている僕からすればストレスでしかないわけです。

 

なのですぐに『Google日本語入力』と検索してください。

それすらストレスかもしれませんがw

 

Google 日本語入力
思いどおりの日本語入力。Google 日本語入力は、変換の煩わしさを感じさせない思いどおりの日本語入力を提供します。

これですね。

 

Google日本語入力 ダウンロード

これもChromeと同じく、真ん中の青いボタンを押してダウンロードしましょう。

 

名前は『Google日本語入力』ですが、英数もついてくるので、「Googleさんのほうがいい!」って方はそちらも使ってみてください。

 

mac 文字入力 かな 英数 Google

ディスプレイ右上の「あ」や「A」の背景が青いときは『Google日本語入力』が有効になっているので、青背景の「あ」や「A」にして文字入力をしましょう。

 

マウス速度を調整する

まずChromeをダウンロード、そしてその次にGoogle日本語入力をダウンロード。

なぜこの順番でやっているかというと、「自分がストレスに感じるものを徹底的に排除したいから」です。

 

次にストレスに感じるのが、『マウス速度』です。

自分の感覚通りについてこいと、なんでお前は遅いんじゃと、イライラしてしまいます。

なので、ここを変えていきます。

 

まず『システム環境設定』を開きます。

システム環境設定

真ん中あたりに『マウス』という項目がありますね。それをクリックします。

 

Mac マウス速度設定

『ポイントとクリック』の方を選択すると、スクロールの方向やら副ボタンのクリックやらの設定があります。

 

一番下の『軌跡の速さ』がマウス速度の調整です。あとはこのゲージ(?)を速い方に動かしたり遅い方に動かしたりして調整します。あとは皆さん次第ですw

 

かな⇔英数の切り替えを『⌘ + Space』でできるようにする

2013のMacBook Airでは確かデフォルトで『⌘ + Space』だったはずなのですが、2017のiMacだと『Control + Space』でした。

地味に使いにくくストレスが半端じゃないので変更します。

 

マウスの速度調整と同じくまずは『システム環境設定』を開きます。

開いたら『キーボード』の項目をクリックします。

Mac キーボード設定

『ショートカット』の欄を開き…

 

Mac キーボード設定

『Spotlightの検索を表示』を『control + Space』に変更します。(画像の表示のようになっていればOK)

 

その後、重複して注意マークが出ているはずの『入力ソース』の『前の入力ソースを選択』を『⌘ + Space』に変更します。(画像の表示のようになっていればOK)

 

ファイアウォールをオンにする

本当に最低限、最低限のセキュリティです。

 

『システム環境設定』から『セキュリティとプライバシー』をクリックし、ファイアウォールをオンにしましょう。

緑色の表示になっていればOKです。

ファイアウォール

 

Finderですべてのファイル名拡張子を表示するようにする

Finderを開き、画面左上(リンゴマークの横)の『Finder』をクリックし、そこで表示された『環境設定』をクリックします。

 

Finder 環境設定

一番上の「すべてのファイル名拡張子を表示」にチェックを入れます。

 

ちなみに背景に見えている頭は『ポルカドットスティングレイ』ボーカルの雫さんです。((殴

 

Rubyをいじるための環境構築

VirtualBoxとかVagrantとか、まあそういうあれです(雑

 

ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回)
macOS上にローカル開発環境を構築していく方法について見ていきます。

基本はドットインストールさんに頼りましょう。もう自分でやったら絶対おかしくする。してしまう。

 

僕は2回目の環境構築だったのに見ましたもんw

でも1回環境構築したからこその疑問が、動画内のちょっとした部分で説明されていたりして、「あ、そういうことだったんか!」と勉強になりました。

 

1回じゃ覚えられないもん。((殴

 

必要ファイルのお引越し

旧Macから新Macへのファイル引っ越し作業です。

 

USB使ったり、ハードディスク使ったりいろいろやり方はありますが、超便利だったのはAirDropです。

超早いし便利です。

 

最近ではもうiPhoneで撮った写真や簡単なデータはAirDropでやり取りしています。最高。

 

まとめ

僕の初期設定の基本は「ストレスの元を潰す」です。

 

実際にはこのあとももっと細かい設定をしていくわけですが、おおまかにまずやるのはこれらの設定です。使いやすいMacにして初めて他のことができますからねw

 

それでは!

この記事を書いた人
平泉悠李

高卒半引きこもり20歳 | Alphale代表 | Ruby / Python 勉強中 | コミュ障 | 将来の夢は収入のあるニートです

平泉悠李をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まとめてみた
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント