『佐藤航陽のブログ』がとてもいいと思ったので紹介します。

シェアする

こんばんは!

佐藤航陽さんの著書『未来に先回りする思考法』がすぐに欲しくて6件ほど書店を回りましたが、1冊も見つけることが出来なかった平泉です!

「どこか1件くらい置いてあるだろ」って思っていたのですが…w

僕がしっかり探せていなかっただけなんですかね…?

そんなことはいいのですが、僕は佐藤航陽さんが大好きです。

佐藤航陽さんの『考え方』が好きです。

考え方に恋しているレベル…

(「全部佐藤さんの考え方に染まろう」と思っているわけではありませんが、自分の知識、考え、視野などを広げたりアップデートをする時に、佐藤さんの考え方や発信が1つの大きな材料になると思っています)

そしてこの前、恋が走り出した結果佐藤航陽さんのTwitterを紹介しました。

第一回!僕的!フォローした方がいいと思う経営者!

その熱を引き継いで今回は!佐藤航陽さんのブログを紹介します!

スポンサーリンク

よむかちしかない

佐藤航陽のブログ(http://katsuaki.co/)

まずはリンクを…。

ここからは何故このブログを読むべきなのかを書いていきます。

1. 何かを考えるための土台となるような記事が多い

まずこのブログを読むべき1番の理由は、本質に近いので『今』しか役に立たない情報ではなく、今後もしばらくは土台として使えるであろう情報が多いからです。

例えば、

常に「アウェイ」な環境に身を置くことの大切さ、「強み」に閉じ込められる怖さ』

ロジカルシンキングの弱点を考えてみた:ロジックを超えたロジックの話

これらは2014年の記事なのですが、今も、そしておそらく10年後も『大切な考え方』の1つとして使えると思います。

つまり本質に近いことを書いているのです。(多分

この考え方が土台としてあり、その上で次のステップの思考を始める。そういう土台の一部となる記事が多いです。

2. テクノロジー×経済の先端を走る人の考え方に触れることが出来る

1番目に書いた理由に関しては、佐藤さんの記事も素晴らしいのですが、同じように本質に近い記事を書く人はいます。

『テクノロジー×経済』となるとさらに佐藤さんが強くなります。

持続的に発展する経済システムの作り方を考えてみる

経済は選べるようになるか?個人が主役の『時間経済』の試み

ロボットと所得格差と共有経済(シェアリングエコノミー)- 民間が作る新しいセーフティーネットの可能性

この辺は(経済より、テクノロジーよりはありますが)『テクノロジー×経済』系の記事です。

佐藤さんは『考える』ことと『行動・実践』のバランスがいい方なので、中身が机上の空論のようにならず、濃い情報になっています。

(僕がブログを書く者として一番見習わなくてはいけない点かもしれません)

おもったこと

記事数が多くないので、移動時間や寝る前などスキマ時間で全部読めると思います。

一つ一つの記事のボリュームが大きいのと複数回読みたいということで僕はしっかり時間を作って読みました。

僕はメタップスを『新たな仕組み創造し、時代の変化よって最適ではなっていく既存の仕組みを破壊する』そういう企業だと認識しています。

秋にリリース予定の『Timebank』はまさにそれをしようとしているサービスだと思っています。

「『時間市場』を創出し、働き方や生き方を変えていきたい」

いいですねいいですね!!

そういう意味でCAMPFIREも好きなんですよね!

根っこから変えるような企業と人に僕もなりたい…!なる…!

140字を飛び越えない程度の思ったこと・感じたこと・考えたこと・好きなことをTweetしています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする