【平成30年北海道胆振東部地震】被災してからしたこと・わかったこと・困ったことまとめ【大規模停電】

平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。平成30年北海道胆振東部地震の被災者となった平泉です…。

 

いやあ、地震というより停電が大変でした。もちろん地震の打撃をもろに受けている方もいらっしゃいますので、”僕は”ですが…。

というわけで今回の記事は『平成30年北海道胆振東部地震 被災してからしたこと、わかったこと、困ったことまとめ』です。

 

今後起こる大規模地震、そして大規模停電に巻き込まれた方のお役に立てるよう、全力でまとめます。

よろしくお願いします。

 

2018年9月6日午前3時7分、揺れる。

札幌住みの平泉ですが、この日はたまたま祖母宅のある帯広市に行っていました。

久しぶりの再開ということで夜まで飲み、布団に入り、グラップラー刃牙を読みながら寝ていたところ、ぐーらぐーらと回るような地震が来ました。びっくり。

 

帯広は震度4で、祖母宅では不安定な場所にあった額が落ちただけで、大きな被害はありませんでした。

それで安心して布団に戻るのですが、ここから僕は焦り始めることになります。

 

焦り1 : 停電が長い

全然復旧しないんですよね。全く。4時になっても5時になってもです。

北海道は日が昇るのが早いので、それが救いでした。

 

この時点でオールが確定しました((殴

 

ちなみに僕の住んでいる場所は、9月7日19時頃まで復旧しませんでしたし、帯広にそのままいればその後も復旧しないままでした。

 

焦り2 : 震源が十勝付近じゃない

これは言い方が良くないかもしれませんが、震源が十勝沖などであれば、まだ「なるほどな」となるんです。実際帯広に住んでいた頃に大きな地震が起きていますし、比較的起きやすい地域だからです。

 

そして今回も「その辺だろうな」と思いながら調べたのですが、なんと震源地は胆振地方中東部。なかなか珍しい場所な気がします。そして同時に焦りが加速します。

  • 震源地の震度は不明(おそらく7との情報 → 後に7確定)
  • 震源地付近の震度が6強
  • 札幌の震度が5強(後に6弱確定)

超やばいです。

 

やっぱり見えない恐怖って強いですよね。朝になっていくにつれて壊滅的な清田区の画像が流れてきたりして、さらに焦りが加速します。

 

焦り3 : 高速道路が通行止めになる

これは帯広にいたという特殊な状況が招いた焦りですが、これは焦ります。

峠は長いですし、信号も動かず混乱している道を通って帰るのは先行きが不透明過ぎます。

 

結果としては6時間くらいかけて帰宅できたのですが、『途中で高速から降ろされた占冠が停電から復旧していて、ガソリンを満タンに出来た』というスーパーミラクルがなければ実現できなかった結果だと思います。運いいな自分w

 

そんなこんなで焦りながら帰ってきました…。

 

平泉が困ったのは、地震じゃなく停電。

このツイートが全てです。本当に停電に苦しまされた2日間でした。

 

突然大地震が起き、大規模停電。しかも復旧のめどが立たない…

この状況下でまずすることは、『情報収集』と『食料・水分の確保』と『ガソリン確保』です。

 

情報収集はTwitter。

まずは情報収集についてです。今回僕はTwitterに助けられました。MVPはTwitterです。

・フォロワーさんが僕の代わりに情報をかき集めてくれた
・世耕経済産業大臣の最速かつ正確なツイート
・ローカル情報の速さ(どこのガソスタ開いてる、どこのコンビニ開いてる、被害状況など)
・情報にラグが少ない

 

1つ目に関しては仲の良いフォロワーさんに大感謝です。

 

あかりさんは北海道住みでないにも関わらず、僕や北海道の友人のためにローカル情報からニュースの情報までまとめてツイートし続けてくれました。

 

僕がガソリンを確保できずに困っている時は、付近の営業情報をネットで調べてくれるだけではなく、何件かに電話をかけて確認してくれました。

お礼を言うと「充電減るからレスは後でいい」と。大天使か。

 

メンタルケアも忘れずに、ふざけた話を振ってくれたことも超感謝しています。

他にも心配してメッセージをくれた方、必要そうな情報をシェアしてくれた方、「なにか必要なものあるか?」と聞いてくれた方など様々な方がいて、こういう人たちの存在は絶対に忘れないし、その人達に何かあった時は絶対に協力しようと決めました。めっちゃ感謝です。

 

ローカル情報の速さも大きな追い風で、Twitterの強みを再確認しました。

 

食料・水分の確保は迅速に。

これは札幌で被災していたら食料難民になっていただろうなと思います。

『開店している店が少ない&開いてる店はすでに行列』です。やばい。

 

しかもカップラーメンやパンは速攻売り切れるので、行動は早いに限ります。

 

もし出遅れたらTwitterです。

  • ○○(店名)が営業再開した
  • ○○(店名)にまだ水やカップ麺ある
  • ○○(店名)で無料配布してる

などのローカル情報がリアルタイムで入ります。あとは信じて動くしかありません。

 

ガソリンの確保は超難しい

まず走り回って探すのは賢くありません。その間にガソリンが減ります。

今回の僕のように『たまったま奇跡的に復旧した町にたどり着く』『Twitterの情報』『知人からの情報』『上で紹介したもあいあかりさんのような方の存在』のどれかがないと厳しいです。

 

とくに田舎の場合はそれがもっと必要になります。

 

Twitterでの探し方は「○○(地名) + ガソリン」「○○(地名) + スタンド」「○○(地名) + ガソスタ」などです。「どこで入れれた!」「どのくらいの行列!」「〇〇円分なら入れれる!」などの情報がある場合があります。

 

「1000円分のみ」「2000円分のみ」という制限付きのガソスタが多いので、あまり遠い場所や長い行列だとマイナスになりそうなのがまた問題です。

これは本当に根深い。開いてるスタンドも無限にガソリンがあるわけじゃないですし…。

 

その他の大切なこと

お年寄りやネットに疎い方に情報をシェア。

停電時はテレビからの情報が入ってこなくなります。

テレビからの情報があったとしても、超ローカルな情報はなかなかピンポイントでは入ってきません。北区に住んでいるのに南区の情報がきてもしかたないですよね。

 

そんなときにピンポイントな情報を得られるのがTwitterなどのネットの情報なのですが、それを取得できない人も多く居ます。

全くの他人にまで頑張って知らせるのは大変かもしれませんが、まずは自分の両親、祖父母、近所のおじいちゃんおばあちゃんなどに伝えることからしてみてください。その情報一つで本当に変わります!

 

停電の夜道を歩くときは明るい格好&ライト。

夜は特に全く周りが見えません。あれは超危険です。

車に轢かれる可能性も、自転車に轢かれる可能性も、他人にぶつかる可能性も、単独で転ぶ可能性も大いにあります。

 

こういうときこそ多少ファッション性を捨ててでも安全を取りましょう。本当に危ないです。

 

駅付近から復旧する。

札幌は地下鉄駅付近から復旧していたイメージがあります。住宅街は後回しです。

ですが、食料や水分のためにダメ元で動くのであれば、駅付近が一番可能性は高いのかなと思います。

 

身の回りの人に、自分の正しい状況を知らせる。

今回の場合、清田区や東区の壊滅的な状況の画像がネットに出回り、過剰に心配していただく場面が多かったです。僕の住んでいる地域は実際には停電以外の被害はなく、空のペットボトル1本すら倒れていなかったので、そのことを伝えました。

 

心配してくれる人も消耗していくので、大丈夫な場合は「大丈夫だよ。これくらい大丈夫なんだよ」と伝えてあげて欲しいです。

その上でしてほしいことを言ったり、欲しい情報を聞くなどしましょう。

 

車移動の場合は道路状況に敏感に。

陥没、隆起した道を避ける。狭い道のガソリンスタンドの渋滞を避ける。高速道路は通行止めになったりするのでその事も考える。などありますので、極力なめらかに動けるように道路状況は分かる範囲で確認しておきましょう。

 

高速道路の状況はググればでます。普通の道路の情報は、ひどい道はTwitterに流れていたりします。
トヨタが公開している『通れた道マップ』も確認してみてください!

トヨタ | 通れた道マップ
トヨタ企業サイトの「通れた道マップ」は、過去24時間の道路の通行実績を集計し、災害時に被災地の避難や救援の為の移動を支援します。

 

モバイルバッテリーは神。

モバイルバッテリーはスマホユーザー全員持ったほうが良いレベルです。

これが無ければ情報収集できなくなります。致命的です。

 

車での充電もありですが、車もなるべくガソリンを無駄にしないようにしておきたいので、モバイルバッテリーは必需品です。数千円で買えます。

 

【大容量】常にiPhoneを触っている廃人20歳がおすすめのモバイルバッテリーを紹介する
1日の大半をiPhoneと過ごす僕がおすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

この記事には僕が使っているバッテリーの情報が載っています。

もちろん僕の記事からは買わなくてもいいし、同じものを選ばなくてもいいので、とにかく何かは持っておいてほしいです。自分のためにも、周りの人のためにも。

 

ガソリンは温存。

この記事内で何度も触れていますが、ガソリンは本当に手に入りにくいですし、手に入っても少量の場合が多いです。

なので、とにかく無駄にしないように計画的に消費しましょう。
http://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180907012/20180907012-1.pdf

経済産業省の『使えるガソリンスタンドまとめ』もチェックしてみてください!

おそらくもっともっとたくさんありそうですが、確定で使えるガソリンスタンドが分かるという意味で見ておいて損はないかと思います。

 

ラジオも有効。

情報の早さ、ローカル情報など、細かいところを見るともちろんネットが強いのですが、音として情報を流しておき、勝手に入ってくるシステムとしてラジオは有効です。
停電情報、地震速報、リスナーの知識など、様々な広い情報が提供されるので、聞いておくと便利です。

 

一時的にでもフォローしたほうが良いTwitterアカウント

・世耕弘成 Hiroshige SEKO (@SekoHiroshige)

・TVhテレビ北海道 ニュース (@TVhnewsprogram)

・北海道電力株式会社 (@Official_HEPCO)

・NHK北海道 (@nhk_hokkaido)

 

そして僕のアカウントがこちらです。(フォローしなくてもいいです!!)

・平泉悠李 (@Hiraizumi_Yuri)

コメント