【プロ野球】2017年シーズンの成績を見ながら僕の日本代表(平泉ジャパン)28人を決めてみた!

シェアする

こんばんは!平泉です!

いよいよ10月14日からCSが始まりますね!

僕は巨人ファンなので半分関係ない話ではありますがw

2017年のレギュラーシーズンが終了したということは、各選手の成績が確定したということです。

というわけで今回は!2017年版僕の侍ジャパンを決めてみる!!

スポンサーリンク

まずはカンタンなルール的なもの

・代表辞退とかはないので自由に選出します。

・引退などが確定している選手は選出しません。

・メジャー組は呼びません。

・僕の好みが強めに出ます!!!w

投手(13名)

1. 菅野智之(巨人)

巨人のエース・菅野智之を日本代表のエースとして選出しました!

安定感抜群の投球と圧倒的な成績があるので、もはや選ばざるを得ませんw

またアメリカを抑え込んでください!!!(妄想爆発

平泉ジャパンでは先発1番手、エースを任せます。

防御率 : 1.59

勝敗 : 17勝5敗

投球回 : 187 1/3回

奪三振 : 171

2. 菊池雄星(西武)

次はパ・リーグ、西武のエース・菊池雄星です。

こちらも圧倒的な成績を残した26歳左腕。今年は目標にしていた『背番号の16と同じ16勝』を達成しました。

平泉ジャパンでは先発2番手を任せます。

防御率 : 1.97

勝敗 : 16勝6敗

投球回 : 187 2/3回

奪三振 : 217

3. 則本昂大(楽天)

3本目の先発で後ろも任せることが出来る東北の奪三振マシン・則本昂大を選出しました。

則本も素晴らしいボールと素晴らしい成績・実力がありますが、それ以上に気持ちでぶつかる投球が好きで外すことが出来ませんでしたw

ただでさえ高いレベルの実力に大舞台での強さ、ガンガン押せる強い気持ちは大きな武器になると思います。

平泉ジャパンでは先発3番手を任せます。場合によっては「ちょっと心配ですが、ブルペンには則本がいます!」的な感じにもなります。

防御率 : 2.57

勝敗 : 15勝7敗

投球回 : 185 2/3回

奪三振 : 222

4. 松井裕樹(楽天)

楽天の守護神・21歳の松井裕樹を選出しました。

シーズン前半、登録抹消されるまでの松井裕樹は「化け物かよ…」って言ってしまうような成績でしたw

成績やボールも選出理由ではありますが、若い松井裕樹には将来の侍の中心選手になってもらいたいというのも大きな選出理由です。

平泉ジャパンでは抑え、守護神ポジションを任せます。

防御率 : 1.20

勝敗HS : 3勝3敗5H33S

投球回 : 52 2/3回

奪三振 : 62

5. 桑原謙太朗(阪神)

遅咲きの中継ぎエース、阪神・桑原謙太朗を選出しました。

何故か巨人は桑原から普通に打っているんですよね。田島(中日)と同じで巨人ファンとしてはそこまで苦手意識のない投手ですが、動画を見ていると『外のスライダー』がエグいんですw

これは世界で戦わせたい!

防御率 : 1.51

勝敗HS : 4勝2敗39H0S

投球回 : 65 2/3回

奪三振 : 63

6. 岩嵜翔(ソフトバンク)

プロスピAでもお世話になっています!ソフトバンクの8回の男・岩嵜翔を選出しました。

8回岩嵜、9回サファテは反則ですよねw

平泉ジャパンでも8回を任せます。

防御率 : 1.99

勝敗HS : 6勝3敗40H2S

投球回 : 72 1/3回

奪三振 : 66

7. 又吉克樹(中日)

これまた安定感のある中日の中継ぎ・又吉克樹を選出しました。

サイドスローから繰り出されるスライダーで三振の山を作ります。

7回を任せてしまってもいいのかなとも思いますが、この中なら7回を決めなくてもいいのかなとか…迷ってますw

防御率 : 2.13

勝敗HS : 8勝3敗21H0S

投球回 : 110回

奪三振 : 78

8. 一岡竜司(広島)

ここ最近の巨人『なんで放出したんだよ』ランキング上位に食い込んでくる広島の中継ぎ・一岡竜司です。

この選出には結構僕の好みが入っていますw

防御率 : 1.85

勝敗HS : 6勝2敗19H1S

投球回 : 58 1/3回

奪三振 : 58

9. 山﨑康晃(DeNA)

ハマの守護神・山﨑康晃を選出しました。

松井裕樹と山﨑の2枚使いは楽しいですよね!確実にw

もちろん山﨑も場合によっては抑えもあります。基本は松井が抑えで、山﨑はその前のどこかになるイメージです。

防御率 : 1.64

勝敗HS : 4勝2敗15H26S

投球回 : 65 2/3回

奪三振 : 84

10. 千賀滉大(ソフトバンク)

僕が大好きなストレートとフォークで戦うタイプの投手・千賀滉大を選出しました。

則本、菊池の状態によっては先発を任せることも出来ますし、先発が崩れた際のロングリリーフも出来ますし、ここぞの場面での投入もできます。

今回はここぞに強い投手で固めているので、千賀にのみ負担がかかる心配もないかなと思います。

防御率 : 2.64

勝敗 : 13勝4敗

投球回 : 143回

奪三振 : 151

11. 増田達至(西武)

守護神祭りは終わりません。松井、山﨑に続き次は西武の守護神・増田達至を選出しました。

ノーアウト満塁からが面白そうな投手陣になってきましたw

防御率 : 2.40

勝敗HS : 1勝5敗4H28S

投球回 : 56 1/3回

奪三振 : 58

12. 牧田和久(西武)

日本が誇る、西武が誇るサブマリン・牧田和久を選出しました。

いくらシーズンの成績が良かったといっても、桑原や又吉や一岡が上手く機能するとは限りません。そういうことを考えた上で、日本代表としての実績や経験がある牧田を選びました。

防御率 : 2.30

勝敗HS : 3勝3敗28H0S

投球回 : 62 2/3回

奪三振 : 35

13. 東浜巨(ソフトバンク)

投手13人目、最後の選出はソフトバンクの東浜巨です。

正直13人目はめちゃくちゃ迷いました。2017の成績を意識しすぎると難しくなりますねw

阪神の秋山や楽天の岸、DeNA今永などを抑えて、今回は東浜になりました。

ど、どう使おうか…

防御率 : 2.64

勝敗 : 16勝5敗

投球回 : 160回

奪三振 : 139

野手(15人)

捕手(3人)

1. 中村悠平(ヤクルト)

平泉ジャパンの正捕手候補①はヤクルト・中村悠平です。

以上です。w

打率 : .243

本塁打 : 4

打点 : 34

盗塁 : 2

2. 小林誠司(巨人)

巨人の正捕手・小林誠司を選出しました。

もちろん正捕手候補②。2017年のWBCでの活躍ぶり、オールスターゲームでのホームランを見ていると「この男ならやってくれるのではないか」と思わされますねw(世界のKOBAYASHIの帰国はシーズンに間に合わない模様)

打率 : .206

本塁打 : 2

打点 : 27

盗塁 : 2

3. 宇佐見真吾(巨人)

最後の1枠はごめんなさい、巨人ファンが出てしまいました。宇佐見真吾を選出しました。

その代わり3人の中では1番打ちますから!!

打率 : .350

本塁打 : 4

打点 : 8

盗塁 : 0

内野手(6人)

1. 坂本勇人(巨人)

まずはショートにこの男!坂本勇人を選出しました。

今シーズンは終盤に異常なほど調子を落としましたが、それでも日本の遊撃手は坂本勇人です。

打率 : .291

本塁打 : 15

打点 : 61

盗塁 : 14

2. 菊池涼介(広島)

山田、浅村と迷いまくった結果の選出です。

『守備から流れを作れる』というのが一番大きかったかもしれません。浅村と山田も上手いんですけどね…。

打率 : .271

本塁打 : 14

打点 : 56

盗塁 : 8

3. 山川穂高(西武)

日本球界のファーストは助っ人とおじさんばかりなので、今回は輝く若手・山川穂高をファーストで使います。

打率 : .298

本塁打 : 23

打点 : 61

盗塁 : 0

4. 松田宣浩(ソフトバンク)

ソフトバンクの元気印・松田宣浩を選出しました。

松田がチームにいるのといないのとでは全然違うと思うので、そういった意味で素直にぱっと宮﨑を選べなかった僕が居ました。

打率 : .264

本塁打 : 24

打点 : 71

盗塁 : 5

5. 山田哲人(ヤクルト)

今シーズンは不調から打率が上がらず苦しい1年になりましたが、要所要所でしっかり打ってくる本塁打からは山田哲人のすごさを感じました。

そんな山田哲人を外すことが出来ませんでしたw

(山田哲人が怪我していたらヤクルトってどうなっていたんですかね…)

打率 : .247

本塁打 : 24

打点 : 78

盗塁 : 14

6. 宮﨑敏郎(DeNA)

6人目、セ・リーグ首位打者の宮﨑敏郎を選出しました。

なんかもうよくわからなくなってきました。

打率 : .323

本塁打 : 15

打点 : 62

盗塁 : 0

外野手(6人)

1. 柳田悠岐(ソフトバンク)

この男を選ばずに誰を選ぶというのか。外野手一人目は柳田悠岐!

言わずともわかりますよね!w

個人的に1番に置くのも面白そうだなとか思っています。

打率 : .310

本塁打 : 31

打点 : 99

盗塁 : 14

2. 秋山翔吾(西武)

勝利を呼び込む風になってくれそうな方を探していたのですが、もうそれは秋山翔吾しかいないなと。

そろそろ打順組むのが難しくなってきましたねw

打率 : .322

本塁打 : 25

打点 : 89

盗塁 : 16

3. 筒香嘉智(DeNA)

外せない日本の4番、筒香嘉智を選出しました。

山田哲人や柳田悠岐のようなタイプを4番に置けない平泉としては、筒香のような『4番打者』を外すことはできません。

打率 : .284

本塁打 : 28

打点 : 94

盗塁 : 1

4. 鈴木誠也(広島)

広島の中心選手となった鈴木誠也を選出しました。

個人的にも好きな選手なので、バンバン活躍してもらいたいです。が、早くも豪華すぎる外野手陣の使い方で迷っていますw

打率 : .300

本塁打 : 26

打点 : 90

盗塁 : 16

5. 丸佳浩(広島)

センターが多すぎる!しかしそれでも指名します。丸佳浩!

外野は基本どこでも守れる(確か)はずなので、他の選手の状態次第では、ライト・レフトもあるのかもしれません。

打率 : .308

本塁打 : 23

打点 : 92

盗塁 : 13

6. 西川遥輝(日本ハム)

走れるし打てるし守れるので、バランス調整的に選出しました。

日本代表チームとしては贅沢すぎる考え方かもしれませんが代走枠としても使えます。脚があるっていいですね!

打率 : .296

本塁打 : 9

打点 : 44

盗塁 : 39

スタメン発表!

最後に基本の軸となるオーダーを考えて終わりにしたいと思います。

(打順、ポジション、選手名、打率、本塁打、打点、盗塁の順です。)

1.中 秋山翔吾 .322 25 89 16

2.遊 坂本勇人 .291 15 61 14

3.指 柳田悠岐 .310 31 99 14

4.左 筒香嘉智 .284 28 94 1

5.右 鈴木誠也 .300 26 90 16

6.一 山川穂高 .298 23 61 0

7.三 宮﨑敏郎 .323 15 62 0

8.捕 小林誠司 .206 2 27 2

9.二 菊池涼介 .271 14 56 8

P. 菅野智之

状態によっては山田哲人や丸佳浩、松田宣浩がスタメンになることも。

捕手は、1番手投手が菅野なので、小林誠司にしました。

感想

めっちゃ難しかったです。

結構世界で通用するのか分からない、計算しにくい選手も多いので、「どうなってしまうんだろうか」って感じですw

2017年の成績を見ながら考えると、結構「あれ、意外と打ててないな」とか「あれ、結構打たれてるやん」みたいなのが多く、2017シーズンを映像でしっかり見れていなかった僕的には判断が難しい場面が多かったです。

「あ、やってみよ」ってなった方は是非ブログやら何やらで『俺の侍ジャパン』を作ってみてください!みんなのジャパンを12個集めてパワプロかなんかでペナント回せたら面白いですねw(可能なのか分かりませんがw)

140字を飛び越えない程度の思ったこと・感じたこと・考えたこと・好きなことをTweetしています!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする