【函館2日目】海鮮!ラーメン!五稜郭!目で、口で、函館のど定番を攻める!

平泉悠李
平泉悠李

こんばんは。20年間函館の町を見たことがなかった平泉です。

 

今回は、『【函館1日目】ハンバーガーから夜景まで、『函館』を丸かじりしてみた!』の続きです!

 

2日目は1日目以上にど定番を攻めました!

よろしくお願いします!

 

朝食は海鮮丼!

朝の海

朝起きて、ホテルの窓から外を見るとすぐそこに大きな海!

最高ですね。最高です。

最高ですか!?最高です!!((殴

 

海を眺めて、そのままチェックアウト。朝食に向かいます。

朝食は『函館朝市』にある『なぎさ屋』でいただきます!

 

注文したのは、かにいくら丼

かにいくら丼

1000円くらいで食べられるのですが、味・量ともに文句なしのクオリティでした。

朝だったので少し多いくらいの感覚で、大変満足です!

 

綺麗な海を見たあとに海鮮丼。こういうときに思いますよね。

北海道、マジ最高!!って!

 

海 → 海鮮丼の流れなのに、次に向かうのは『立待岬』

立待岬です。海です。

 

いやぁ、超強風でした。T.M.Revolutionです。

YO! SAY!夏が!胸を刺激する!って感じでしたね。足りなかったのは、ナマ足魅惑のマーメイドくらいですかね。

 

立待岬

なんか、船越英一郎が犯人を追い詰めそうな場所でした。

ここまでに函館の有名な場所を探し回って、無駄に函館山ロープウェイとかも乗ったあとにここで犯人を追い詰めてそうですw

 

ここでも忘れずに記念撮影をしておきます。

立待岬で記念撮影

コンプラ意識が高いので、いろはすのラベルを剥がしています((殴

 

立待岬のあとは、ど定番!『五稜郭』

函館といえば、もう間違いなくこれです。五稜郭!

 

五稜郭タワー

はいドーン!五稜郭タワー!!

 

五稜郭 箱館奉行所

そして一部復旧された『箱館奉行所』!

これでも全部は復旧できてないらしいです。すごい話だ…。

 

函館山の次に観光客が多いスポットでした。

ですが分散しているので、観光する上でストレスになることはありませんでした!

 

春にまた来たいですね〜!桜が咲くとめちゃくちゃ綺麗らしいです!

 

お昼ごはんは、『函館塩ラーメン』

お昼ごはんは『函館麺厨房あじさい』の本店で、味彩塩拉麺(750円)をいただきました!

 

写真はこちら

味彩塩拉麺

さっぱりしていて、でもしっかり味がして(?)めっちゃ美味しかったです。

普段はあまりスープまで飲まないのですが、飲みたくなる美味しさとさっぱりさでした!

 

食レポの才能がないのが辛いですね((殴

 

少し並んでも、回転が速いのですぐ食べられると思います!

 

一旦ホテルにチェックイン。その後向かうのは『熱帯植物園』

函館湯の川温泉街にある『熱帯植物園』に行ってきました。

 

熱帯植物園なのに、まず猿山みたいなのがあるんですね。ウキー。

「餌をよこせ」とみんな床を叩いたり、手を叩いたりしているので、100円くらいの餌(大量に入っている)を買い、投げ与えますw

 

猿

「よっ!人間!」

 

かなりの数の猿が居て、主張が激しい子もおとなしい子もいます。

僕はおとなしい子が好きなので、おとなしい子にダイレクトで投げつけます。

猿もしっかり見ているので、真正面に投げてあげるとノーバンキャッチで取って食べるんですね。

 

楽しくてここでかなりの時間を使ってしまいましたw

 

植物園の中に入ると、大小様々な植物が生えまくっています。そして蒸し暑いw

植物園

このように、高いところから見下ろしての撮影も可能です。

奥には水遊びできる場所や、バッテリーカーもありました。小さな子にとっては遊園地ですね!

 

ホテルに帰る途中で見つけた『湯川黒松林』

湯川黒松林

松の木がほぼ横向きに生えてるんですよね。

 

湯川黒松林

ぱっと浮かんだ言葉を言うなら、「マイケル・ジャクソン松」ですね。

僕はなんで斜めじゃない木を真正面に撮ったんですかね。

 

松の説明

僕が説明するのは大変なので、この説明の岩を貼っておきます。

ざっくり書くと、防風防砂林として頑張ってくれた木達らしいですね!

 

この日は温泉で多くの時間を過ごす

1日目とは違い、この日は温泉で多くの時間を過ごしました。

 

立派すぎる部屋風呂(しっかり温泉)に入って感動しました。

大浴場にも行きましたが、やはりこの時期の夕方から夜にかけての露天風呂は最高だなと、幸せな気持ちになりましたw

 

晩ごはんは、次から次へとご飯が出てくるスタイルでした。

「食前酒のオリジナルカクテルでございます」と言われたときに「あ、僕の身の丈に合ってねえ…」と察し、その後約2時間、1度たりとも身の丈に合うことはありませんでしたw

 

使い終えたフォークやナイフをどのように置けばいいのかも分からないですしね。範馬勇次郎のように、サラッとテーブルマナーも完璧な男になりたいものです。

 

そしてこの晩は再度部屋風呂に入った後、部屋に備え付け(?)の冷えたエビスビールを飲んでフィニッシュです。

 

関連記事

この旅行記事は1日目〜3日目までの3本あります!

 

1日目は『ラッキーピエロ』や『金森赤レンガ倉庫』や『函館山』などについて、3日目は函館から出た後に寄った場所について書きます!1日目、3日目の記事も是非読んでいってください!

 

・1日目

【函館1日目】ハンバーガーから夜景まで、『函館』を丸かじりしてみた!
函館旅行に行ってきたので、行ったところや食べたものをまとめます!まずは1日目です!

 

・3日目

【函館3日目】函館旅行3日目は、函館から札幌へ向かう道中の話だよ!
函館旅行に行ってきたので、行ったところや食べたものをまとめます!最終日・3日目です!

 

それでは!

この記事を書いた人
平泉悠李

高卒半引きこもり20歳 | Alphale代表 | Ruby / Python 勉強中 | コミュ障 | 将来の夢は収入のあるニートです

平泉悠李をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平泉悠李をフォローする
140字を飛び越えて

コメント